2012年

5月

22日

がれき搬入は午後にずれ込む 北九州市、市民が阻止

中国新聞 ニュース

'12/5/22


 東日本大震災で発生した宮城県石巻市のがれきの試験焼却を予定している
北九州市で22日、がれきを積んだトラックが廃棄物集積地の敷地内に入るのを、
試験焼却に反対する市民ら約30人が阻止した。同日午前に予定された集積地へ
のがれきの搬入作業は午後にずれ込んだ。

午前9時ごろ、集積地前にトラック6台が到着したが、
市民らが取り囲んだり、座り込んだりして敷地内への進入を妨げた。

 西日本で初めてとなる同市での試験焼却は23日から25日まで
市内2カ所の焼却場で行われる予定。市は搬入されたがれきに含まれる
放射性物質の濃度や集積地の空間放射線量を測定する。

 北九州市によると、試験焼却の対象は、放射性セシウム濃度が
1キログラム当たり100ベクレル以下の木くずを中心とした可燃物約80トン。
19日にトラック28台で石巻市を出発した。

 北九州市議会は3月、市にがれき受け入れを要請する決議を全会一致で可決。
北橋健治きたはし・けんじ市長は今月1日の有識者検討会で試験焼却を
実施する意向を表明した。市長は試験焼却の結果を踏まえ、
6月中にもがれき受け入れの可否を判断する見通し。